蜂の子サプリでもっと元気に!

健康な身体を手に入れたい。
そう考える多くの人が試している、蜂の子サプリ。

蜂の子のグロテスクなイメージを払拭し、蜂の子を食べるのと同じように栄養価が高く、滋養強壮や肉体疲労回復など、様々な恩恵を与えてくれます。
健康食品の中で、その人気は常に上位にあります。

数ある健康食品の中で、なぜ蜂の子なのでしょうか?
蜂の子でなければならない理由が、何かあるのでしょうか?
今回は、そんな蜂の子サプリの疑問について、皆さんにご紹介させて頂きます。

古来から親しまれてきた健康食品

蜂の子は、2000年以上前から愛されてきた健康食品であることをご存知でしょうか?
蜂の子は、中国最古の医学書「神農本草経」に、最上ランクの上薬(じょうやく)として記載されています。

当時から、健康に役に立つ食材(薬)として活用されていたようです。
さらに、約400年前の明時代に執筆された医学書である「本草綱目」には、様々な症状に対する医学的な効果がまとめられています。

つまり、蜂の子は、2000年前の時代から400年前の時代まで、継続して珍重されてきた健康食品だったと解釈できます。
現在ほど科学や化学が進歩していない時代ですから、多くの人が試した結果を統計として判断していたのでしょう。
多くの人が蜂の子を試してみた結果、当時の人達はその効果について間違いないと考えたわけですね。

蜂の子の成分や効果・効能について、現代の技術を持って解析した結果が、多くの書籍やメディアで紹介されています。
それは、どの記事を見ても、蜂の子の豊富な栄養素による素晴らしい恩恵が紹介されています。

日本でも根付いている蜂の子文化

中国だけではなく、日本でも蜂の子を食べる文化が継承されています。
主に、長野県や岐阜県、愛知県や静岡県、さらに、山梨県や栃木県、岡山県や宮崎県など、主に山間部の地域で食用として親しまれていたようです。
それらの山間部では、狩猟と栽培が主な食料確保だったとの事。

考えてみて下さい。
蜂の子を取り出すには、動物の捕獲以上にリスクが高かったはずです。
それでもなお、蜂の子を求めていたと伝えられています。
ご紹介させて頂いた地方では、蜂の子は美味しいと伝えられていますが、やはりそれ以上に、「健康に対する効果・効能」が重要視されたのです。

蜂の子を使った料理も多くあり、そのまま蜂の子を焼いたものや、炊き込みご飯、佃煮や串焼きなど、バリエーションも豊富です。
様々なミツバチの蜂の子が食べられていますが、特にクロスズメバチの蜂の子が美味と言われています。

健康に良い・・・とはいえそのままは苦手。
だからサプリメント!

とても健康に良いと知られている蜂の子ですが、その姿形が苦手と言う方も少なからずいらっしゃいます。
食べてみれば美味しいのですが、どうしてもその気になれない・・・。
そんな悩みに答える形で活用されているのが、蜂の子サプリメントです。

蜂の子に含まれる豊富な栄養素はそのままに、さらに機能や効能を追加した物が、メーカー各社から販売されています。
無味な錠剤になっているものや、フルーツのような香りがするものなど、その種類も豊富です。

滋養強壮に肉体疲労回復、老化防止にも役立つと言われる蜂の子。
その蜂の子の成分をたっぷり含んだサプリメントなら、毎日を健康に過ごせること間違い無しでしょう。
手軽に続けられる蜂の子サプリ、皆さんも初めて見てはいかがでしょうか。