蜂の子の元気の素!必須アミノ酸

天然の健康食品、動物性蛋白質として知られている蜂の子。
そのままの姿が苦手な方には、サプリメントに加工されたものが販売されています。
蜂の子は、老若男女問わず、健康食品として大人気です。

人気の理由の一つに、「全ての必須アミノ酸を含んでいる」事が挙げられています。
アミノ酸は、人間の体を構成する「タンパク質」を作るために必須の物質です。

必須アミノ酸は全部で9種類あり、食べ物で摂取する以外に体内に取り込む方法がありません。
本来ならば、全てのアミノ酸を摂取するために、様々な食材を用意しなければなりませんが、蜂の子なら大丈夫! 蜂の子には全ての必須アミノ酸が含まれているので、手軽に必須アミノ酸を摂取することが出来ます。

今回は、蜂の子のパワーの源、「必須アミノ酸の成分」について、いくつかピックアップしてご紹介させていただきます。

イソロイシン(成長促進、筋肉強化、肝臓機能向上)

イソロイシンは、アミノ酸のタンパク質の合成を促す効果があり、人の体の成長を促進させてくれます。
筋肉を増強したい人が、イソロイシンを含むアミノ酸を摂取する理由はこれです。

イソロイシンの成長促進効果は、筋肉だけではなく、内臓や皮膚など多岐にわたります。
血管も同様です。
体の隅々まで広がっている毛細血管の拡張(生成)を助ける効果が認められています。

その他、肝臓機能の強化にも効果があると考えられており、アルコールの分解時など、肝臓に負担がかかる状況において、負担の軽減が期待されています。

イソロイシンは、同じく必須アミノ酸である「ロイシン」「バリン」と共にBCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれています。
BCAAには、少し変わった特徴があり、イソロイシン、ロイシン、バリンを、バランスよく摂取しなければなりません。
どれかを過剰に摂取したり、逆に不足したりすると体調を崩すと考えられています。

ロイシン(疲労回復、免疫力強化)

ロイシンは、疲労回復や免疫力の強化にチカラを発揮してくれる成分です。
肝臓の働きを助け、筋肉増強にも役立ちます。
また、増強した筋肉を減少させにくくする効果も認められています。

  • 疲れやすい
  • 免疫力が低下している
  • 筋肉が衰えてきた
  • 肝機能を強化したい

上記のような要望に答えてくれるアミノ酸、それがロイシンです。

イソロイシンの説明にも記載いたしましたが、ロイシンはイソロイシンと同じくBACCに属します。
ロイシンだけを多く摂取しても意味がなく、逆に体調を崩す可能性があります。

バリン(血中窒素バランス調整)

バリンは、ロイシンやイソロイシンと同じくBACCに属し、成長促進や筋肉強化、疲労回復や免疫力向上などに効果を発揮してくれます。
そのどれもが、ロイシンとイソロイシンに似た効果・効能ですが、バリンならではの特出した特徴もあります。

それは、血液中の窒素バランスを保つ効果です。
通常、窒素バランスは、食物などから摂取した窒素量と体外へ排出される窒素が同等になるのが理想と考えられています。
しかし、病気や怪我によるタンパク質の消耗や、無理なダイエットによるタンパク質の摂取不足などが影響すると、窒素バランスがマイナスの方向に偏ってしまいます。

バリンはマイナス方向に偏ってしまった窒素バランスを、プラスの方向に傾ける手助けをしてくれます。

体調管理にとても重要なアミノ酸です!

いかがでしたでしょうか?
今回は、必須アミノ酸の中でも、BCAA(分岐鎖アミノ酸)をピックアップしてご紹介させていただきました。

どれかを過剰に摂取しても意味はなく、バランスよく摂取する必要があるのですが、蜂の子なら大丈夫。
蜂の子には、3つの必須アミノ酸がバランスよく含まれていますから、それぞれの効果・効能を最大限に発揮することが可能です。
今回は3つだけの紹介でしたが、他の必須アミノ酸にも素晴らしい効果・効能があります。

蜂の子が昔から珍重されてきた理由。
現代科学・化学によって、その秘密が解き明かされています。