蜂の子で「心の病(うつ)」を改善

体の内側から健康になれる蜂の子は、美容と健康に敏感な方々から、絶大な人気を得ています。
美肌効果や内蔵を元気にする効果など、様々な恩恵を与えてくれる蜂の子が、「うつ病」に効果があることをご存知でしょうか?

およそ心の病気とは無縁のように思えるのですが、「自律神経失調症」や「うつ病」に処方される成分と同じものが蜂の子にも含まれているのです。
今回は、蜂の子の心の病気(うつ病、自律神経失調症...etc)に対する効果について、皆さんにご紹介させて頂きます。

心に響く成分「セロトニン」

心の病気について調べていくと、セロトニンという物質についての情報を多く見つけることが出来ます。
「モノアミン仮説」という仮説をご存知でしょうか?
モノアミン仮説とは、脳内のセロトニンが欠乏することで、うつ病を発症するとする説です。
実際に、脳内のセロトニン量を増加させる効果を持つ「抗うつ剤」が、病気の治療に効果を発揮しています。

パニック障害や社会不安障害などの疾患、その他に強迫性障害についてもセロトニンの異常が原因の一つであると考えられています。
これらの疾患にも、うつ病と同じく、セロトニンを増加させる薬品が効果を発揮してくれています。

また、総合失調症や双極性障害に利用される抗精神病薬にもセロトニンに作用する薬品が用いられており、気分を安定させる効果が期待される薬品にも、セロトニンへ作用する物が利用されています。

このようにセロトニンは、心の病全般に効果を発揮してくれる重要な物質と考えられているのです。

蜂の子によるセロトニン増加作用

蜂の子には、上記でご紹介させて頂いたセロトニンが含まれており、蜂の子が心の病に効果を発揮してくれると考える根拠となっています。

人間の体には、10mg程度のセロトニンが存在しており、消化器官に90%、血液中の血小板内に8%、脳内に2%の割合で分布しています。
心の病に影響するセロトニンは、脳内にある2%のセロトニンです。
たった2%!?と思うかもしれませんが、その2%にあたるセロトニンは、別名「幸せホルモン」と呼ばれており、脳に与える良い影響は、想像以上に大きいのです。
多くの「心の病を緩和する薬品」に、セロトニンが含まれている事実が、その証拠であると考えられます。

薬でセロトニンを補えるのであれば、それを含む食品でも同じこと。
つまり、蜂の子を食べることで、セロトニンを補充(増加)させることが出来るのです・ 幸いなことに、蜂の子サプリメントでも、セロトニンが含まれるものがありますので安心ですね。
毎日蜂の子を食べる事で、脳内のセロトニンを常に補充し、安定した精神状態を保てると期待されているのです。

毎日の蜂の子で心から健康に

いかがでしたでしょうか?
蜂の子に含まれるセロトニンが、心の病を緩和する可能性を、感じていただけたのではないでしょうか。
心の病の治療は長期に渡ります。
その辛さや苦しさを、少しでも和らげることが出来るのならば、蜂の子(サプリメント)を毎日続ける事に意味があるのではないでしょうか。
それは、心の病の予防にも繋がるはずです。

紀元前の昔から、健康食品として珍重されてきた蜂の子。
もしかしたら古代人は、蜂の子が「肉体的だけではなく精神的にも元気になれる」という確信を、すでに持っていたのかもしれませんね。