難聴の救世主!蜂の子

美容と健康食品、とりわけ健康食品のジャンルで人気の高い蜂の子。
その蜂の子が「難聴」の症状を改善してくれる事が分かってきています。

その事実の発端は、多くの人の実感によるものからスタートしました。
しかし、近年の科学・化学によって研究が進み、その根拠となる成分や影響の仕組みが解明されつつあります。

さらに、難聴だけではなく、耳鳴りについても改善効果を発揮してくれると考えられています。
今回は、蜂の子の「難聴」と「耳鳴り」に対する高価・効能について、皆さんにご紹介させて頂きます。

そもそも、耳鳴りの原因は何?

耳鳴りの原因について、多くの人達が研究を重ねていますが、以外にも具体的な原因はつかめていません。
耳や血管の病気、ストレスなど、様々な要因が考えられていますが、原因の一つとして、ホルモンが関係している可能性が見つかっています。

そのホルモンの名は「コルチゾール」。
コルチゾールは、ストレスを受けた時に分泌されるホルモンの一つで、耳の最も奥にある蝸牛に存在しています。

耳鳴りや難聴に悩まされている人の蝸牛には、耳鳴りや難聴の無い人と比べて、コルチゾールが多く存在していることがわかっており、コルチゾール濃度が多い蝸牛が症状を引き起こしているのではないかと考えられています。

また、コルチゾールは、ストレスによっても量が上昇すると報告されており、その結果、聴力が低下したとも言われています。
さらに、加齢によってもコルチゾールの量が上昇していることがわかっており、年齢を重ねると耳が聞こえ難くなる「難聴」の原因ではないかと研究が進められています。

蜂の子が耳鳴り解消や難聴緩和に効果あり!

多くの人を悩ませる耳鳴りと難聴ですが、中国では漢方薬として症状を緩和する「蜂の子薬」が存在し、1000年以上前から伝えられています。
近年の研究で、蜂の子が難聴や耳鳴りを解消するかもしれないと話題になっていましたが、実は、はるか昔からそれらの症状をを解消する目的で利用されていたのです。

しかし、残念ながら、過去には現代のような医学、科学、化学が存在しないため、多くの人の症状回復経験から、効果があると考えられていました。
理論は説明できないが、結果が物語っていたわけですね。

このような事実があったからこそ、確信を持って蜂の子の研究が出来たとも考えられますが、研究の結果は想像通りだったようです。
難聴者に協力を依頼した検証実験では、蜂の子を定期的に摂取した難聴者に、改善の兆しが見えたと発表されています。

さらに、蜂の子を摂取した難聴者の血液を調査した結果、原因の一つと考えられるコルチゾールの量が減少していたとのこと。
この結果により、蜂の子が難聴と耳鳴りを解消する可能性が示されたのです。

60歳以上で3人に1人が難聴の可能性

厚生労働省が発表している情報によると、日本で耳鳴りや難聴に悩んでいる人の割合は、平均で5人に1人と言われています。
さらに、厚生労働省の追加調査によると、65歳以上の年齢に絞って調査した結果、3人に1人の割合で、難聴や耳鳴りになると発表されています。

これは、想像していたよりも、多くの人が耳鳴りや難聴に悩まされている結果ではないでしょうか。
補聴器などの器具を利用すれば、ある程度解決されるとは言え、重さや大きさに不便を感じることも多く、可能ならば利用せずに聞こえる状態になりたいのが心情です。

私達も年齢を重ね、65歳以上になったとき、難聴や耳鳴りに悩まされるかもしれません。
そうなる前に、出来ることならば対策を考えておきたいものです。

蜂の子の可能性を信じよう

どのような対策が考えられるのか。
そこに「蜂の子」の選択肢を入れてみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介させていただいた蜂の子の高価・効能は、科学に基づいて導き出された精度の高い結果です。
中国で活用されていた漢方薬の効果を立証したとも考えられる結果を信じ、毎日の蜂の子を続けることで、耳の奥にある蝸牛にあるコルチゾールを減少させることが出来ます。
まだまだ研究途中の蜂の子ですが、昔からの伝承を「意味のある結果」と考えるのならば、毎日続ける意味があるのではないでしょうか。